アイメイク術!アイシャドウの使い方をイラストで簡単解説!オタク女子にもおすすめ

ご無沙汰してますこんにちは。
今回はファッションはおやすみして簡単メイク術の回です。

といってもベースメイクは抜いてアイメイクとリップだけですが。
おもにアイシャドウを中心に解説していきます~。

アイシャドウは慣れると楽しいから使った事がない人はぜひトライしてみてね。



簡単アイメイク!アイラインとアイシャドウ

メイクの過程イラスト1.jpg
まず下地とファンデとリップだけを塗った女の子を用意します。
リップを先に塗っておくといざ口紅ぬる時に滑らかな唇にメイク出来るから先にリップだけ塗っておいた方がいい。

ではアイメイクから。



アイライナーの使い方

アイメイクの仕方イラスト アイライン.jpg
分かり易くイエローを使ったけど実際は黒かブラウン系がおすすめ。
初心者さんにはブラウンの方がおすすめ。

ちょっとはみ出したりしても目立たないから。
使いやすいのはリキッドの筆。

太いも細いも思うままに描けるから。
イラストのイエローの部分にラインを引くよ。

アイメイクの仕方イラスト アイライン2.jpg
この時、目尻を囲ってしまうと目が小さく見えるから注意。
基本的にアイライナーはこの部分だけ。

二重パッチりの人は細めに、一重奥二重の人は気持ち太めに描くといいよ。
目尻は目から5㎜ほどはみ出して描く。

こう…睫毛の延長線上に描くとフルメイクが完成した時に違和感が少ないかな。
猫目にしたい場合は上にラインを跳ねさせると可愛い。

アイライン引く時は基本的に下を向いて瞼を少し持ち上げると描きやすい。
鏡を上向きにするといいよ。

楽天アイライナーランキング1位取得の人気おすすめアイライナー↓



アイシャドウの使い方

アイシャドウの基本的な塗り方1.jpg
3色以上のパレットのアイシャドウを持っている場合は、白っぽいハイライトではなく、その次に薄い色をアイホールに広くぬる。
目尻や下まぶたにもぬる。

ブラシが付いていれば一番大きい奴をつかう。



アイシャドウの基本的な塗り方2.jpg
次にベースよりもワントーン暗い色をベースカラーの中に塗っていく。
ベースカラーからはみ出さないように上まぶたと下まぶたの目尻の方だけにぬる。

アイシャドウの基本的な塗り方3.jpg
使っている色はモーブピンクと呼ばれるくすんだピンク。
モーブピンクは普通のピンクと違って目が腫れぼったく見えないから使い勝手がいい。

そして何より可愛い!
二色をしっかり馴染ませて境界線を無くす!

ブラシで馴染ませたあと、馴染みきらなかったら指も使って完全に馴染ませる。
メイクは基本的にしっかり馴染んでいるかいないかで出来あがりに凄く差が出るよ!

アイシャドウの基本的な塗り方4.jpg
一番濃い色は最後、これは締め色と呼ばれるカラーで、どこに塗るかで目元の雰囲気が変わってくる。
とりあえず目尻あたりに最初は入れてみる。

アイシャドウの基本的な塗り方5.jpg
上まぶたと下まぶたの目尻にだけ締め色をオン!
目に奥行きが出てデカ目効果大!!

私は基本的にこの塗り方が多いかな。
一番失敗しにくいから初心者さんにもおすすめ。

おすすめのアイシャドウはこちら↓
これのゴージャスサングリアが一番今回のイラストのモーブピンクアイシャドウに似てる。
4色入りのパレットで使いやすいよ。

値段もお手頃だから初心者さんにもおすすめ。
他の色もチェックしてみてね。



簡単アイメイク!アイシャドウの色々な塗り方

じゃあ次は他のアイシャドウカラーで違う場所に締め色を使ってみよう。

アイシャドウの色々な使い方

アイシャドウの基本的な塗り方イエロー1.jpg
今度はイエローベージュで同じくベースカラーとその次に薄いカラーを馴染ませながら塗る。

アイシャドウの基本的な塗り方イエロー2.jpg
ちょっと上下の下の点が抜けてますが…まあいいや。
上下のまぶたに締め色を入れてみるよ。

ちなみに下まぶたは5㎜くらい入れれば十分。
入れ過ぎるとピエロになるから気をつけてね。

というか下まぶたは無理に入れなくてもいい。
最初は上だけでも全然OK!

アイシャドウの基本的な塗り方イエロー3.jpg
上下に締め色を入れる事で縦のラインを強調出来るからデカ目効果を狙える。
私はこれもたまにやってる。

これは本当にしっかり馴染ませないと浮くから気をつけよう。
あと目尻には入れちゃだめ。

次は紫シャドウでまた違った締め色の使い方を紹介。

アイシャドウの基本的な塗り方紫1.jpg
同じ様に二色を馴染ませて塗る。
今度は目尻を中心に締め色を入れてみる。

最初の締め色の使い方よりも下方向に感じ。
場所的には丁度上と下の中央くらい。

アイシャドウの基本的な塗り方紫2.jpg
紫だからセクシーな感じになったけど、ここに締め色を使う事でちょっと垂れ目に見える。
垂れ目にしたい時はここに締め色を使うのがマスト。

最後にハイライト!
3色以上のパレットだと白に近いハイライトが必ず入っている筈。

これは最後に使う。

アイシャドウの基本的な塗り方ハイライト.jpg
ハイライトを入れる場所は基本的にこの二か所!
ここ以外にはあまり使わない。

上まぶたの中央に入れる事で目に立体感が出て魅力的に見える。
下まぶたの目頭部分に入れる事で目元のくすみを払拭!

ここに暗い色を入れてしまうと変な事になるので注意。
で、ここまではマットタイプのアイシャドウで紹介したけど、パール入りとかラメ入りとかあるじゃん?

パール入りのアイシャドウだとハイライト入れなくても勝手に立体的な目元になっておすすめ。

アイシャドウの基本的な塗り方パール入り.jpg
この様な。
大抵のアイシャドウは光沢の出る仕様になってると思う。

さっき紹介した奴も光沢あると思う。
目元が立体的になるのでマットより光沢ある方がおすすめだけど、敢えてマットに作りたい場合はもちろんどっちでもOK。

あとラメ入りだとこんな感じ。

アイシャドウの基本的な塗り方ラメ入り.jpg
私は結構ラメ入り好きだね。
ただラメが大きすぎるとなんか子供っぽくなるから小さいラメが入っているのがおすすめ。

あとはラメだけのアイシャドウとかもあるよね。
そういうのはたぶん液体が多いかな。

最後にハイライトみたいに塗る。
キラキラ目元は可愛い。

なんだっけ……今ラメって言わないんだよね…。
調べてくる。

……ピグメントだ。
ネットで探す時はピグメントで探した方がいいかも。

さっき上で紹介したLBもピグメントのアイシャドウ出してた。
これ↓
やっすいなーここのアイシャドウってかコスメ全部やすい。
プチプラだと何個か買えて楽しい。

アイシャドウ塗り方 完成.jpg
で、ビューラーしてマスカラ塗って完成!



簡単リップメイク!グラデの作り方

お次はリップメイクを簡単に紹介。

簡単リップメイクの仕方

リップの塗り方イラスト1.jpg
まずはリップだけを塗った素の唇を用意します。
基本、口紅を塗る時は少し唇をきゅっと伸ばす様にします。

縦シワにちゃんと口紅入らないからね。

リップの塗り方イラスト2.jpg
口紅を塗るんですが端までがっつり塗らない!
ちょっと余白を残す感じ。
本当はこの時に少し中心から外に向かってグラデになる様に口紅を塗るといい。

リップの塗り方イラスト3.jpg
で、透明グロスを外にぐるっと一周塗る。
口紅に少し被らせる様に塗る。

この時に筆があると非常に便利。
筆で馴染ませられるから。

まあなかったらひたすら指で馴染ませる。
全体に馴染ませるとグラデにならないから外から少しずつ馴染ませていく。

リップの塗り方イラスト4.jpg
上手くやればこうなる!
コンシーラーで唇の境界線をぼかすと綺麗にできるよ。

まあこれはベースメイクの方に入ってきちゃうかな…。
唇は顔と唇の境界線をベースメイクの時にぼかしておくと、グラデがかなり作り易いからおすすめ。
ファンデだとすぐ口紅と馴染んじゃうから本当はコンシーラーの方がいい。
という事でリップも完成。



メイクのワンポイントアドバイス!

フルメイク完成イラスト.jpgで、まあフルメイクが完成する訳ですが、飛ばしてしまったアイブロウとかチークとかも解説。

メイクする時のポイント

フルメイク完成イラストと諸注意.jpg
今回はアイメイク中心なので簡単に。
まずアイブロウはペンシルよりもパウダーがおすすめ。

KATEのデザイニングアイブロウ3Dとか使いやすいよ。
ただしアイブロウをパウダーで描く時は絶対柄が長いブラシがあった方がいい!

眉毛は目の目がしらから気持ちはみ出す様に描くと自然に見える。
ただ眉頭はちゃんとぼかそう。

あと山はなるべく作らない。
気を強そうに見せたい場合は逆に作ってもいい。

あとビューラーの使い方。
睫毛が上がりにくい時はビューラーで睫毛を挟んだ状態でひじを上に上げる様にすると睫毛が上がりやすい。

マスカラは2回以上重ねて塗るとダマになって見た目が野暮ったくなるから注意。
マスカラの下地を塗るとクルンってなるからおすすめ。

チークは顔を正面から見た時にちゃんと見える位置に入れる。
サイド過ぎるとおかしい。

ハイライトはあってもなくても良いんだけど…まああった方が断然いい。
肌にツヤも与えられるし顔に立体感も出る。

入れる場所はTゾーンと目の横にCの字に入れる。
これも全部ちゃんとぼかす、勿論チークも。

シェービングは本当はもっと色々あるんだけどとりあえず顔の影になる部分に馴染む様にいれる。
浮くととても変。

頬骨の横とか額と髪の生え際あたりとか、小鼻に少しとかそのくらいかな。
パウダーファンデで最後に馴染ませた方が自然に見えるかも。



持ってると便利なアイメイク道具

持っているとかなり便利だからおすすめなアイテム。

あると便利なメイク道具

ローラ メルシエ ブラシ ストローク リュクス ブラシ コレクション.jpg
イラストはローラメルシエのクリスマスコフレだからもう売ってないんだけど、こういうブラシのセット!
これは絶対いる。

アイシャドウのパレットにはブラシとか付いてるけどあんなちっちゃいのプロでも上手く使えないからね。
プロじゃない私らが上手に使える訳ないからね。

早くコスメブランドは大きいブラシをセットに売る事を検討して欲しい。
最低でも3本は欲しいところ。

広範囲を塗る大きめブラシと中間色様の中型ブラシ、そしてこれが一番重要なんだけど、締め色を塗る為の細りブラシ!
最悪ハイライトは指でも塗れるから。

ふー。
イラスト沢山描いて疲れた…。

今度はファンデとかのベースメイクもやりたいかな。
ここまで読んでくれてありがとうございました~。

今回紹介したコスメブランドのサイトはこちら↓



★関連記事★


Follow me!