腐女子による腐女子考察|なぜ腐女子はBLが好きなのかその業の正体とは?

腐女子とは何なのか

はい、まずは腐女子とは何なのか。
ちなみに管理人dokuzyoは腐女子歴20年は経ってるもう子供の頃から腐女子だった。
その当時は腐女子なんて言葉無かったと思うけど。
腐女子とは簡単に言えばBL(ボーイズラブ)が好きな女性の事。
ボーイズラブとは男性同士の恋愛を描いた漫画や小説の事で、ジャンル敵にはファンタジーに属するという話を聞いた事がある。
ファンタジー上等、腐女子の頭の中はファンタジーだらけだ。



オタクで腐女子であるのが一般的だが、私の見解ではオタクじゃなくても腐女子の女性はいると確信している。
高校生の頃、オタクではないにしろそれなりに漫画を読む女の子は沢山いた。
その中にはBL本を買って読んでいる子もいた。
もちろんオタクではなかった。
恐らくだが、他にもうこういう女性はいる様に思う。
漫画が好きというよりは趣味で読む程度、しかしBLも読む、という感じ。
話は脱線するがイラストを描く人種をバカにする人のほとんどは漫画を読む癖になぜいざ描くとなるとその人をバカにするのか理解出来ない。
お前は漫画を読んだ事がないのか?いやあるだろ、なら何故描くとなるとバカにするのか。
漫画家がどうやって生まれるか理解していないのか?
みんなイラストを描くところからスタートしてるんだけどな!!
分かんないか~そっか~!!!
って思う。
今お前がバカにしている相手が将来漫画になる可能性は十分にあるんだぞと。
一度も漫画読んだことない人が食わず嫌い系でバカにする方がまだ分かるんだけどな。
まあ今回はそれについてはおいといて。
腐女子の業について考えようと思う。




腐女子とは性癖そのもの

そう、腐女子とは性癖そのもの。
私は持って生まれたものであり、本人の意思ではどうにもならないものだと考える。
幼少期に戦隊モノとか少年漫画を読んでいた女の子が腐女子になり易いって話を聞いた事もあるけど。
もともとそういう性癖を持っていないと腐女子にはならないと思う。
遺伝説も怪しい。
母親は腐女子ではないし、妹も腐女子ではない。
父親がちょっと漫画好きってくらいかな。
母親も漫画読むには読むけど…オタクとは言えない程度。
なら何故私だけがオタクとなり腐女子になったのか。
まあ時代的に恵まれていたのもあるかもしれない。
要はBL本が沢山あった。
本屋にも。
だからこそ腐女子完全体に進化出来たのかもしれない。
最初は自分が異常なのだと思っていた。
推しキャラでそういう妄想をする事は異常な事なのだと。
しかし本屋で当時流行っていたアンソロジーなるものと出会い、自分の他にもこういうのが好きな人が不特定多数いる事が判明し、この夢の様な世界に行きたいと思った。
そしてイベントに参加し、二次創作本をゲットするという流れで腐女子完全体へと進化した。
そもそも商業誌の存在は知っていたと思う。
だから実際にBLというものがこの世の中にある事は知っていたが、二次創作の存在は知らなかった。
二次の存在を知って、これはおかしな事ではないんだ!と思ったのだが、まあそれから時間が経過してやっぱり腐女子って可笑しいのか?って思い悩む事にはなるのだが。




腐女子の欲は何故消えないのか

私はこれをよく考える。
なぜ腐女子の欲は消えないのか。
環境が変われば消える可能性はあるかもしれない。
結婚したり、子育てしたりっていう。
実際私も忙しい時ってBL離れしてるんだよ。
でも唐突に思い出す。
そして禁断症状が出る。
というか定期的にBL読んでないと体調があまり良くない。
これは何故か。
恐らくはストレス。
腐女子はBLを読む事によって欲を昇華している。
欲を昇華する事で開放的な気持ちになり、明日もガンバろって思える。
これは大事な事だ。
このストレス社会で上手くストレスを発散する方法を知っている腐女子は幸せだと私は思うし、腐女子である事が楽しくて仕方がない。
ではこの欲はどこから来るのか。
なぜ何千冊とBL本を読んでも満たされないのか。
この欲は商業誌よりも二次に多い気がする。
自分の性癖にばっちり当てはまる本に出会えるのは稀有なケースだからだ。
商業誌は全てがオリジナルであり、そのキャラクターを最高に魅力的に見せてくれるストーリーで展開している。
だからこそ満足感も高いのだが、二次の場合自分の中に再構築したキャラクター像がある様に思う。
もちろん原作が一番なのだが、BLにおいてこのキャラはこういう風な言動をする的な理想像がある。
実際、少年漫画などの原作でBL展開がある訳がなく、だからこそ妄想するしかなく、妄想の中の自分のキャラが理想的であるのだ。
そして自分にとって理想的なストーリーも存在する。
その二つががっちり一致した二次創作の本が存在した時、それは奇跡に近い。
それほどに腐女子の性癖には星の数があり、人によって理想は違う。
人間の好みが一人一人違う様に。
私は、腐女子の欲は三大欲求に似ていると思っている。
だからこそ求めずにはいられないし、定期的な補填をしなければ生きていけない。




腐女子は何故BLを求めるのか

では何故腐女子はBLを求めるのか。
これはね……分からない!!!
本当に分からない!!
そもそも女ってそういう生き物も中にはいるんだっていう仮説しか立てられない。
だって自分の意思ではどうしようもないから。
罵られてもバカにされてもどうしようもない。
だって持って生まれた性癖だから!
としか言いようがない。
治せと言われて治るものでもない。
というか別に治したくない。
彼氏に腐女子止めてくれないと別れるって言われたら別れる。
そういうレベルでどうしようもない。
まあこれは私の話だが…。
実際彼氏にひた隠しにしている腐女子も沢山いるしな。
そう、彼氏が出来ても止めないんだよ。
止められないの、これとそれは別なの。
ただ、これは女性の本能なのかもしれないが、子供を産んで腐女子を卒業する人はいる。
たぶん入れ替わるの、優先順位が、本能的に。
子供が至上になるの。
これは女性の本能なのかもしれない。
そして腐女子の欲も女性の本能だと思う。
いや腐男子もいるけど腐男子については感覚が全く分からないのでここでは何も言わない。
とはいえやっぱり子供を産んでも少しすると腐女子に戻る人も沢山いるんだけどね。
なぜ腐女子がBLを求めるのかはやっぱり分からない。
これは永遠のテーマだな。
BL対象を男性としてみ見ていない訳でもないし、男性を組み敷きたいと思っている訳でもない。
分からない…。
私の独断と偏見で仮設を立てるとしたら、推しキャラが好き過ぎてそのキャラの様々な表情を見たいという欲求からきている面もあるのかなと。
この子は同性に迫られたらどうなるんだろうとか…快楽を感じたらどうなるんだろうとか…そういうのが見たい。
けどそうなるとカップリングに説明がつかなくなる。
私は右固定だけど左固定じゃないんだよな~。
だからカプ固定派の感覚はよく分からない。
このキャラにはこのキャラしか相手はいない!!
という感覚だと思うんだけど…。
そういう場合はセット推しになるのかな?
このキャラとこのキャラの絡み最高フウ!!みたいな。
それはちょっと分かる、そういう感覚は私にもある。
この場合は原作での二人の関係性が大きく関与していると思う。
ようは命を奪いあう関係性にありながら、互いに実は惹かれあっている…みたいなシチュとか。
決して馴染む事のない水と油の様な関係性とか、ライバルとか、表面上は犬猿の仲だけど表面下では信頼し合っているとか…。
これは私の性癖かもしれないが多いと思う。
とにかく推しキャラの色々な姿が見たいの!!!
二次創作の原点はそれだと思う、私は。
だから読んでも読んでも満足出来ない。
だって描き手によって全部違うから!!!!
お金あったら全買いしたい派だからね私は。
シチュの地雷ないと金がいくらあっても足りねえ。
でもほのぼのよりはシリアスが好きかな……いや分からん。
キャラによってはほのぼのが読みたいって時もあるし…。
うーん。
考察結果:やっぱり分からん!!!以上!!!!




Follow me!